どんな方法があるの?装置が目立たない最新の矯正治療に注目!

裏側に装置を着用する

笑顔の素敵な人は口元がきれいという特徴があります。特に歯の美しさは大事ですが、歯並びの悪さで悩む人は少なくありません。歯並びは自己流の努力で治せるものではありませんが、矯正治療で美しく整えることができます。しかも噛み合わせも良くなりますので、会話や食事もより快適となります。とはいえ、矯正には長い期間が必要ですし、歯の表面に長期にワイヤーなどの装置を取り付けることに抵抗がある人は多いものです。

そこで、最近は装置を目立たせずに行える矯正治療も人気となっています。裏側矯正は歯の裏側に装置を取り付けるので、表面から見える心配はなく、歯の表面を傷つけずに治療できます。さらに裏側は表側に比べてエナメル質も厚いので治療中の虫歯を防ぎやすくなります。上下ともに裏側に装置をつけることもできますが、目立つ上の歯には裏側につけて、目立ちにくい下の歯には表側に装置をつけるという方法もあります。

透明のマウスピースを使う矯正

矯正治療は金属を使わなくてはできないというイメージもありますが、最近は金属を使わない治療も注目されています。インビザラインなど透明のマウスピースを使う治療は金属を全く使わないので金属アレルギーのある人にも安心です。装置は透明ですので、近くで見られても目立つ心配はありませんし、自由に取り外しができるのもワイヤーを使った矯正にはないメリットです。矯正治療中は歯磨きや食事で苦労することも多いですが、マウスピース矯正なら、食事や歯磨きの時には取り外せますので、歯磨きも丁寧に行えますし、食事も今まで通り楽しめます。

出っ歯の矯正には、出っ歯になっている前歯を引っ込める必要があります。そのために、前歯と奥歯の中間にある小臼歯という歯を抜き、そこにできたスペースを利用して前歯を引っ込めます。