とにかく抜け毛が心配になったらすぐに治療

できるだけ早期治療を行う

薄毛になってしまってからどうしたら良いのかと悩む人もいれば、まだ全然薄毛になっているわけではないのに遺伝もあるので将来を不安視している人もいます。早くても遅くてもAGA治療なら効き目があると言われているので、できるだけ早めにAGA治療を行っていきましょう。広告等で情報を確認すると、薄毛や抜け毛があまりにも強調しているので、まだ全くと言って良いほど抜け毛がない人には効果が無いと思われています。しかし、実際には薄毛に悩んでいる人だけではなく、これから近い将来自分も薄毛になる可能性が考えられる場合でも予防策としてAGA治療を行うのは問題ありません。むしろ、今は何も異常が頭皮になかったとしても将来を見越して治療を行いましょう。

まずは薬を処方してもらう

基本的にAGA治療を行う時はカウンセリングを行った後、診察をして最後に薬を処方してもらいます。この薬は約一か月分になるので、約一か月分が切れる前に施設を訪れて、診察と薬を処方してもらいましょう。AGA治療の場合、一日一錠の薬を毎日決まった時間に飲むという行為があります。この薬以外にも塗り薬もありますが、ひとまず口から飲む薬で頑張ってみましょう。どれくらい薬を飲み続ければ効果が現れてくるかわかりませんが、個人差がかなり開いていますので、とにかく長く続けられるだけ続けていきましょう。そして、一か月に一度のカウンセリングと診察の時に、塗り薬のこともまじえて医師に相談するのが良いでしょう。

抜け毛とは皮膚から自然に抜けた毛のことを意味します。毛の量を一定に保ったり毒素を排泄するために起こる現象です。